アルミ鋳物の魅力

アルミニウムを溶かして作るアルミ鋳物は、複雑な形や模様を入れることができるという魅力があります。鉄や銅と比べると大変軽く、電気や熱を通しやすいのに非磁性なので電子機器に利用可能という魅力があります。材質にもよりますが、陽極酸化処理などの表面処理も簡単にすることが可能です。廃棄処分ではなくリサイクルもできるでしょう。

伝導率に優れたアルミ鋳物を注文しよう【実例をチェック】

アルミ

アルミ鋳物を発注したほうが良い状況

加工がしやすいアルミ鋳物の形状は板状や管などに利用するだけでなく、さまざまな製品への利用に注目されています。アルミ鋳物は錆びにくく無毒、熱伝導率や電気伝導率も優れていることから、食器や調理器具の利用にもおすすめです。いままで鉄や銅で製品を利用していて軽さをほしいという場合には、鉄や銅と比べると3分の1の重さのアルミ鋳物の利用を検討してみましょう。さらにアルミ鋳物は非磁性という特徴があります。非磁性は電子機器にもおすすめです。

アルミ

アルミ鋳物製造業者の見極め方

アルミ鋳物製造業者を探すときには、見ることと利用した方からの紹介という方法です。実際に製造業者が完成させた製品を見ることで技術力を見極めることができます。また、利用したことある方からの紹介も安心できるポイントになるのではないでしょうか。実際の製品を探し出すことが難しい場合には、気になる業者にサンプルの依頼をしてみましょう。業者によってはサンプルの制作を受け入れてもらうことが可能です。

アルミ

評判を確認してからアルミ鋳物を発注

鋳物業者を利用したことがある方の口コミの確認は難しいため、実例などが掲載されている場合には参考にしてみましょう。また利用したことがある人などがいる場合には参考や紹介をしてもらうのもおすすめです。鋳物業者を利用する人は特定されてしまうため、評判のチェックは難しいですが、問い合わせや相談をしたときのスタッフの対応なども充分参考になる情報です。少ない情報からもチェックしてみましょう。

金型

アルミ鋳物の相場や予算

アルミ鋳物には寸法や形状などさまざまな理由から費用が異なります。依頼する業者の技術力さらには素材などによっても相場は大きく変化するため、必ず見積もり依頼をしてから相場や予算をチェックしましょう。見積もりと予算が合わない場合には、寸法や素材を変えてみたり、作成しやすい形状に変更したりするなど見積もりを抑える方法もあります。予算を抑えるためには、業者の手間を省き、同じ製品を数多く作成依頼すると見積もりを安くすることが可能になります。

アルミ鋳物の注文から完成までの流れ

アルミ

打ち合わせから見積もりまで

どんな鋳物製品を作成するかの打ち合わせを行います。製造個数や価格などを打ち合わせし、確認後納期や納期などを含めて見積もりが提示されます。

注文から設計、型作り

見積もりに納得したら、注文をしましょう。注文後、製品によっては設計を行います。設計から型を作り鋳物を作っていきます。

塗装などの加工を加えて仕上げ

作った鋳物は、さらに塗装などの加工をして仕上げをしていきます。最終段階まで、手を抜くことはありません。

できあがった製品を検査し納品へ

製造を行った業者にて、最終段階の検査が行われます。検査に通った鋳物は製品として納品されます。

広告募集中